審美歯科で白く美しい歯を目指しましょう

審美歯科は矯正治療と似ていますが、大きく違うのは歯科矯正がワイヤー等を使って歯並びをきれいにするのに対して、審美歯科は、歯を削った上にクラウンを被せて、白く美しい歯にするのが目的です。

まず、自分の歯を小さく削り、その上からクラウンを被せていきます。
セラミック製なので変色することなく美しい歯を保つことができるのが魅力の一つです。
日本人は欧米の人に比べると、歯に対する意識がまだまだ低いのが現状です。

wikipedia情報を楽しくお得に利用しましょう。

特に歯並びが悪いからといって矯正歯科治療を行う人はまだ多くはありません。
よっぽどひどくない場合は、そのまま放置している人がほとんどでしょう。

しかし海外では、歯並びが悪いのは肥満と同じで、自己管理能力が低いとみなされ、仕事にも生活に大きく影響を与えます。

ですから子どものうちから矯正治療を行うのは親の責任であるといった考え方が主流です。

海外の子ども向けアニメーションに中にも矯正器具をはめている子どもが多く登場しますし、外国人が歯並びがきれいなのはそのためです。



ですからもはや審美歯科は当たり前であり、歯並びがきれいなだけではなく、白く美しい歯の人が多いのは審美歯科のおかげで、歯を美しく保つのは一般常識となっているのです。
保険適用外なので料金はかさみますが、ずっと付き合っていくものです。



審美歯科で美しい白い歯を目指してみませんか。

きっと自分に自信がもてるようになりますし、笑顔が似合うすてきな人というイメージが定着すること間違いないでしょう。